金券ショップで購入した新幹線の切符は返金できる?

新幹線

新幹線の切符は金券ショップで購入すると安く買えますが、予定がキャンセルになり、使い道がなくなったら返金してもらうことはできるでしょうか。

金券ショップで購入した新幹線の切符は返金できるか?

結論から言いますと金券ショップで購入した切符やチケットを、その金券ショップで返品や返金、交換などはできない場合が多いです。

その理由として以下のようなことが考えられます。

  • 金券ショップで新幹線の切符を購入する人は、すぐに利用する予定がある場合が多く、キャンセルしたいという人が少なく、返品や返金に対応していない
  • 金券ショップでは切符の有効期限までの日数などで買取や販売をしているため、後日キャンセルをすると、有効期限をその分消費しており、購入時の価格で返金するのは難しくなる

上記のような理由から返金できないことが多いです。

ただ中には返金に応じるところもあるようで、その場合、購入時の価格で返金されることは少なく、現金の受取額は下がってしまうでしょう。

また、以下のように謳われている金券ショップもあります。

” 購入日から7日以内であればレシート・領収証と一緒にお持ちいただいた場合には全額返金・返品で処理ができます。”
※有効期限が1ヶ月以上あること
※18切符、繁忙期の切符は対象外

キャンセルの可能性があるなら、返金を受け付けてくれる金券ショップで購入すると良いですね。

JRで返金(払い戻し)できるか

金券ショップで購入した切符はJRの窓口で払い戻しをすることができるのでしょうか。

JRで払い戻しをする場合、以下の手数料がかかります。

JR払い戻し

新幹線回数券の払い戻しについては、こちら(新幹線の回数券チケットでクレジットカード現金化する方法)のページの「新幹線回数券の払い戻しの方法も確認しておこう」というところに詳しくまとめられていました。

バラの回数券は払い戻しできない可能性大

金券ショップで購入した回数券のバラを返金する場合、表紙券がないと無理かもしれません。
基本的に回数券は表紙券と6枚綴りの回数券がセットとなっています。

バラでも窓口で返金してもらえる可能性はありますが、この表紙券がないと難しいでしょう。
金券ショップでバラで購入した場合、この表紙券はセットになっていませんから、金券ショップで購入した切符の返金は難しいでしょう。

切符の「C制」に注意

切符にはC制と印字されているものがあります。
このC制とはクレジットカードで購入した切符を表しています。

クレジットカードで購入した切符にはC制と印字されており、金券ショップでもC制と印字されている切符も買取の対象ですので取り扱われています。

金券ショップではC制が印字されていることで買取額に差が出ることはありません。また、金券ショップで買取ができない切符は利用できないものだけです。有効期限前で正規の切符であれば汚れ破れがひどいものでなければ全て買取してもらえます。

そして、金券ショップで購入したC制の切符をJRの窓口で返金する場合、購入時のクレジットカードと表紙券が必要になります。

自分のクレジットカードで購入したわけではありませんから持参することはできませんので、やはりJRで返金してもらうことはできません。

再度金券ショップで買取してもらう

全額返金してもらうことはできませんが、再度、金券ショップに買取を依頼すれば相応の現金に換金することができます。

有効期限や切符の状態によって価格は変わりますが、購入時よりは下がってしまうのは確実です。しかし、不要な切符を手元においておくのはもったいないので、それであれば換金するのが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です