金券ショップの新幹線の切符は座席指定がある?

指定席券売機

金券ショップでは、たくさんの新幹線の切符が販売されていますが、これらには乗車日時、座席などは記載されていないため、いつ乗ることができるのか分からないという疑問をもつ人もいるようです。

金券ショップの切符はいつ乗れるのか

金券ショップで販売されている切符のほとんどが回数券をバラ売りしているものです。

日時等は書かれておらず、有効期限のみ記載されています。その有効期限内であればいつでも乗車することができます。

金券ショップの切符は指定席券?

金券ショップで扱っている新幹線の切符は、自由席券と指定席券があります。

自由席券なら金券ショップで購入したものを、そのまま改札を通して乗車することができ、指定席券は一度、みどりの窓口に持っていき、座席指定をしてから乗車することになります。または指定席券売機でも座席指定ができます。

座席指定はもちろん無料で、座席指定券が発行されますのでそれを併用して乗車します。好きな席を指定することができます。

指定券購入

指定席券は座席指定をしなければ、自由席に乗ることができます。

指定を受けたあとに変更したい場合、無料で乗車日時や座席が変更可能です。2回目以降の変更手続きには手数料がかかります。
ただし、指定した新幹線が出発する前までに手続きをしなければなりません。

金券ショップの新幹線の切符購入で気を付けるべきこと

  • 使えない期間がある
  • 以下の期間は金券ショップで売っている回数券のバラ売り切符は利用できません。簡単に言えば繁忙期です。繁忙期以外はいつでも利用できます。

    回数券が使えない期間

  • 有効期限に注意
  • 有効期限をすぎると無効となってしまいますから、購入する際に乗車する日に使える切符を購入しなければなりません。
    回数券のバラ売り切符は有効期限が3ヶ月です。

    回数券有効期限

    切符が購入された日から3ヶ月ですから、有効期限間近の切符も金券ショップに並んでいるでしょう。

    自分が乗車する日よりも前の有効期限の切符を買わないよう注意しましょう。
    ただ有効期限が1ヶ月、1ヶ月以内のものは価格が下がってお得になっているはずですから、金券ショップで切符を購入する場合、早めに購入せず、数日前など直前に購入するのが良いでしょう。(電車が混んでいると座席指定は希望する席は難しいかもしれませんが。)

    切符を自販機で購入する場合、有効期限が書かれていないことも多いです。ですから直前に購入したほうが良いでしょう。

  • 種類が多いため買い間違えのないよう注意が必要
  • 新幹線の切符は種類が多いため間違えて購入しないように注意しましょう。
    例えば、こだま専用や、のぞみに乗れない切符などもあります。

  • JRでは払い戻しできない
  • 購入後にキャンセルや使わなくなってしまった場合、JRでは払い戻しはしてくれません。

    だからといって金券ショップでも返金してくれませんから、再度金券ショップに持ち込んで買取というかたちをとるしかありません。

    その場合、かなり買取価格は悪いでしょうが、そのままにしておくよりもお金にはなるわけですから、使わなくなったら金券ショップで買取してもらうと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です