新幹線の回数券は年末年始は利用できないって本当?

新幹線

年末年始に帰省するため、金券ショップで新幹線の切符を買ったのに使えなかったとガッカリした人もいるようですが、金券ショップの切符はなぜ年末年始は利用できないのでしょう。

金券ショップの新幹線の回数券は年末年始は利用できない

金券ショップでは新幹線の回数券がバラで販売されています。

安く販売されているため、お得に購入でき、金券ショップで新幹線の切符を購入する人は多いと思いますが、この切符が年末年始は利用できないことはご存知でしょうか。

年末年始だけでなく、ゴールデンウィーク、お盆の下記の期間は利用できません。

回数券が使えない期間

金券ショップやJRの窓口でいつでも購入することはできますが、利用不可の期間に注意しましょう。

また、新幹線の回数券には有効期限があり、発行日から3ヶ月です。

金券ショップでは有効期限が近づくにつれて販売価格が下がるためお得に購入できます。金券ショップで切符を購入する場合、できるだけ直前に購入するのが良いでしょう。キャンセルや払い戻しができないことや、有効期限が近いものは安くなってお得です。

年末年始など繁忙期に新幹線の回数券が使えない理由

新幹線の回数券はJRの窓口で6枚綴りで販売されています。
普通に乗車券を買うよりお得です。

区間 普通車指定席
回数券(6枚綴り)
普通車指定席1枚の価格
東京 ~ 静岡 37,560円
(1枚あたり6,260円)
6,410円
東京 ~ 新大阪 83,640円
(1枚あたり13,940円)
14,720円
新横浜 ~ 名古屋 59,340円
(1枚あたり9,890円)
10,640円
新横浜 ~ 新大阪 81,240円
(1枚あたり13,540円)
14,390円
新大阪 ~ 博多 81,120円
(1枚あたり13,520円)
15,280円

このように回数券のほうが得で、不要な回数券は金券ショップに持ち込まれ、バラで格安で販売されています。

年末年始などの繁忙期に、この回数券を利用不可としているのは、繁忙期は利用者が多く乗車率が高いですから正規料金の切符もたくさん購入されます。

JR側もできるだけ損したくないですから、繁忙期に正規料金の切符をたくさん売るために回数券の利用を不可としているのです。

飛行機やホテル、観光地などが繁忙期は料金が高くなるのと同じ仕組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です